人間は、肉体・エーテル体・アストラル体・自我から構成されています

肉体は、物質的な体です。

エーテル体は、気功などのエネルギーワークで扱う生命エネルギーです

アストラル体は感情や思考を司ります

自我は、その人の意志などのアイデンティティーを表します

 

肉体を癒すのには、マッサージや「さとう式リンパケア」などの

適度な運動が有効です。

エーテル体には、気功などのエネルギーワークが有効です

アストラル体には、レイキやスピリチュアルh-リングなどの

霊的なワーク。

♦自我を高めるには、瞑想や写経などの意志をつかった活動が有効です

音叉ヒーリングでは、特にこの三層に働きかけています

 

肉体を癒すときには、足裏にボディーチューナーを使いますが

この方法は、肉体にも働きかけるので同時に音の振動が

エーテル体にも働きます

 

私は足裏の湧泉にチューナーを当てて振動と音を伝えています

 

レイキやパワーストーンと一緒にチューナーを利用することで

アストラル体にも働きかることもできます

 

そして、自我を高めるために瞑想の時にもチューナーを

使うと音とともに共鳴します。

耳から入る音は五感に作用して副交感神経が優位に

働き、トローンとしたリラックスした気持ちになります

 

オーラ層オーラ層2