幸せの呼吸法③

腹式呼吸をするときに丹田に意識をむけて呼吸を行います

一息吐いてから、鼻で息を吸います。その息は鼻の奥を通り

喉の奥に当り、喉を通り、みぞおちを通り、へそ下三寸にある丹田に

息をいれます。少し下腹が膨らむ感じです

吐く息です。お腹を凹ませながら、息を吸った逆の経路を通り口、もしくは鼻で

ゆっくりと吐いていきます。

呼吸は吐く息が大切です。ゆっくりと長い息を吐いていきます

呼吸の感覚がつかめるまでは、両手の平を丹田に、

そっと添える方法をお勧めしますね。

次にイメージングの仕方です

吸う息に合わせて、「幸せ」が身体をみたしてくるイメージを重ねます

具体的に「お金」や「成功している自分の姿」等をイメージしてもOKです

吐く息に合わせて、「不幸」「不運」が身体から出していくイメージです

具体的に「貧乏」だったり「嫌いなもの」だったり

難しければ、吸う息をゴールドの光に例え身体がゴールドに輝き幸せに微笑んでる姿だったり

吐く息はブラックの息で「汚れた黒い水」が身体から出ていくイメージです。

ゆっくり、ゆっくり吐いてくださいね。

決して、吸いきったり、吐ききったりしないでくださいね

肩の力を抜いて「ホーッツ」と吐いてくださいね

身体がリラックスしてきます。リラックスしていると潜在意識に働きやすくなります

あぐらの姿勢で呼吸法をされている方はお尻の下にブランケットを敷いて行うと

腰がらくになります

アロマオイルやお香もお好みでどうぞ!

丹田呼吸