前回①に引き続き丹田呼吸の行い方のごを説明します

姿勢は、イスに座った座位、立ったままの立位、あぐらや安楽座、などの楽な姿勢で、どうぞ

私はあぐらに似た安楽座で、お尻の下半分にバスタオルや低いブランケットを敷いてしています

この方法は、腰が安定して背骨が立ちやすくなります

呼吸方法は、複式呼吸の様に行います

だだし、意識は丹田においてくださいね(下方に丹田の位置の写真を貼っていますので参考にしてください)

まず、一息吐いて、鼻から息を吸い、その息を喉を通りみぞおち、おへそ、丹田へと進み丹田を息で膨らませます

例えば、カエルの大きなお腹を想像してください。そんな感じです

 

次に、吐く息です。お腹をへこます様に息を順番に丹田から喉まで吸い上げる様にして

口から細く長くゆう~くり吐きますこの吐く息がポイントになります

この息をご自分のペースでゆっくり繰り替えします。

吸いきったり吐ききったりせずに、無理のない範囲内です

呼吸を味わってください。 体の様子や心の様子を感じてみてくださいね

呼吸に馴れるまでは、両手をおへそのした指三本分の所に丹田があると言われています。

両手を重ねて、吐く息、吸う息を感じてみてください

 

イメージングの方法は③でご説明しますね

丹田