ストレスでイライラしたり、ネガティブになったり疲れがたまったりしていませんか。

呼吸に意識を向けることで、自律神経にアプローチして心と体を整えることができます

吐く息はリラックスする副交感神経を優位にし吸う息は活動の交感神経を優位にします

 

「ゆっくりと息を吐く」ことで副交感神経が優位になり

体と心がリラックスした状態へと導かれます

腹式呼吸は自律神経のバランスを整え免疫力をアップや体質改善や内臓機能の向上、

血行促進、ダイエットなどおおくの効果があると言われています

 

その腹式呼吸の意識を丹田に向けた呼吸法を丹田呼吸法といいます。

今回、私がお勧めする「幸せの呼吸法」は呼吸にイメージをのせて潜在意識にアプローチをする呼吸法です

また、この呼吸法はセロトニンの働きもよくします。

 

セロトニンとは、「幸せホルモン」とよばれています。セロトニンが正常に機能していると、

精神が安定するため、不安になりにくく穏やかになり、幸福感が続きます。

具体的には、怒りっぽい、突然キレる、突然悲しくなるなどの気持ちの変化の防ぐ働きがあります

 

「幸せの呼吸法」は、とても簡単に誰でもできます

次回は、呼吸の方法など仕方など具体的に書こうと思います

 

imagesエンジェル

②に続きます