血液以外の細胞外液のほとんどがリンパ液です

リンパ液は、酸素や栄養素を多く含み細胞に

それらを送り届ます

リンパ液が多く流れているとエネルギーを作り出し老廃物を

スムーズに排泄できます

リンパの流れる力を発揮させるには

筋肉を動かし過ぎず筋の機能を最大限に発揮する必要があります

そのためには、血流循環、体液循環の筋肉の動きによる

体液のポンプ運動を促す必要があります

さとう式リンパケアでは、

リンパの流れを重要視しています

筋肉によるポンプ運動を促し組織液(リンパ液)の流れを

つくり出すには、より弱い圧力で促すように注意することが

重要だと考えます

さとう式リンパケアでは、リンパ液(組織液)を流すのではなく

流れを促していきます

揉まない、押さない、引っ張らないです

お客様は、こんな力でいいの!とビックリされますが、

肩こりの方の肩がグルんグルんと回るようになります

不思議ですよね

流れimg_talk_04
つづく